三角西(旧)港

世界文化遺産 石炭産業
三角西(旧)港

日本唯一の現存する明治の港湾施設「三角西港」
明治の港湾施設が完全な形で残っているのは三角西港だけ。
当時三池炭鉱の石炭積み出しは、有明海を挟んだ対岸の長崎県南島原市口之津港から行っていましたが、有明海は海底が浅く大型船の出入りが難しいことが大きな課題でした。

国を支える石炭積出港として大型船が接岸できる港湾を最先端の技術で造りあげた。
1880(明治13)年、日本国政府は内務省依属のオランダ人水理工師ローエンホルスト・ムルドルに熊本県下の港湾整備の調査を命じ、1884(明治17)年着工。工事は熊本県令富岡敬明(とみおかけいめい)の指示により、ムルドルが設計し、熊本県属土方平次郎(つちかたへいじろう)の総監督の下、グラバー邸や大浦天主堂を建設した小山秀(こやまひで)率いる熊本県天草の御領,下浦の石工集団が行い、熊本から三角までの道路建設と三角西(旧)港の築港を3年かけて1887(明治20)年8月15日に開港したといわれています。

ムルドルの設計、小山秀率いる石工集団、水も漏らさぬ設備が完成!
総延長756mに及ぶ石積埠頭、3つの浮桟橋、整然とした道路、排水路、石橋などは総合的な都市計画の下で築かれ、埠頭の石垣は対岸の飛岳から切り出した安山岩を切り、緻密で高度な石積みで形成されています。
背後の山からの水を流すため山麓に沿って排水路を設置し、直接海に排水するために町を縦断する2箇所の排水路を設けています。

明治政府がオランダから招いたローエンホルスト・ムルドル
1872年オランダライデン生まれ。明治12年(1879)に内務省土木局の一等工師(水理工師)として31歳で来日。明治23年(1890)までの11年間にわたり、新潟港、東京港、大阪港など各地で築港の計画や調査を担当し、活躍します。

住所 宇城市三角町三角浦
お問い合わせ 宇城市教育委員会世界遺産室
電話:0964-32-1428

宇城市商工観光課・文化課
FAX:0964-32-1111
利用料金 無料
駐車場 有(約30台)
アクセス情報 松橋ICから車で50分、熊本市内から国道3号線を南へ、その後国道57号線を経由して西へ60分

JR三角駅で下車した場合
・バス/所要時間:約10分、料金:180円)
産交バス三角営業所(電話:0964-52-3135)で乗車、「三角西港前」バス停で降車
・タクシー/所要時間:約5分、料金:約900円
三角タクシー(電話:0964-52-2611)または港タクシー(電話:0964-52-2636)に乗車
※三角駅構内の観光案内所(月曜休み)もご利用ください
ホームページ https://www.miike-coalmines.jp/manda_misumi.html
アイコンの説明
観光スポット観光スポット
イベントスポットイベントスポット
特集スポット特集スポット

みんなの感想

みんなの感想はまだありません。あなたの口コミ投稿をお待ちしております!


モデルコース

関連施設