頑張ってます、九州!

鹿児島

鹿児島 かごしまボランティアガイド
田中かすみさん

 田中かすみ さん

大地の鼓動感じる桜島に、
ロマンあふれる薩摩の歴史など、
2018年の大河ドラマ「西郷どん」に向けて、
鹿児島の魅力をご案内します!

PROFILE
鹿児島まち歩き観光ステーション かごしまボランティアガイド所属。ボランティアガイド歴14年のベテラン。まち歩きガイドの他、バスガイドの経験を活かし、2011年3月から観光電車に乗車、車窓からのガイドも得意とする。お客さんと心を通わせたいとの思いを胸に、鹿児島の町を案内している。

Q.所属する組織やガイドさんのことについて教えてください

私が所属するのは鹿児島観光コンベンション協会内の「鹿児島まち歩き観光ステーション」です。現在は約200名の観光ボランティアガイドが所属し、鹿児島市内の文化や自然、歴史などをたずねる16コースをご案内しています。
私はボランティアガイドになって約14年になります。若い頃にバスガイドをしていたのですが結婚・出産を機に退職。もっとお客さまと心を通わせたかったという思いがありました。そこで子育てがひと段落した頃にボランティアガイドに応募し、現在に至ります。まち歩きのガイドのほか、2011年3月から運行している観光電車に乗車し、車窓からガイドをすることもあります。

Q.ガイドをする「鹿児島」の特徴を教えてください

私がご案内している鹿児島市は、雄大な桜島の眺望や豊富な温泉、明治維新ゆかりの史跡、名物グルメなど、観光スポットも美食スポットも盛りだくさんのまちです。また、県内には温泉が有名な指宿市、天孫降臨の里・霧島市、知覧特攻平和会館で知られる知覧町などさまざまな観光地があり、行く先々でその土地に詳しいガイドが訪れる皆さんをご案内しています。ガイドが一緒に歩いてご案内することで、通りすがりではない観光を楽しんでいただければと思っています。

Q.今回の震災による影響を教えてください

鹿児島市では、特に地震による直接的な被害はありませんでした。ただ、観光客は激減しました。鹿児島は熊本とあわせて周遊される方が多く、また、新幹線も高速道路も熊本を通って来られますので、その影響が大きかったのだと思います。私たちのガイドでは、修学旅行のお客さまのキャンセルが相次ぎました。震災直後の5~6月は例年、修学旅行が多いシーズン。予定通り実施した学校や秋に延期して実施して頂いた学校もあり、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

Q.震災の影響を乗り越えるために取り組んだことはありますか

まち歩きに参加される皆さんにもっとわかりやすくご案内ができるよう、6月まで24コースあったものを7月から16コースに変更いたしました。これまで参加者のニーズをくみ取り、食を組み合わせたコースや、ドラマに取り上げられ有名になった五代友厚の生誕の地を組み込んだコースも追加し、より興味を持っていただけるコース展開になったと思います。

Q.観光客が戻ってきたのはいつ頃からでしょうか

夏を過ぎた頃から戻り始めた印象ですが、まだ完全に戻ったとは言えません。余震や桜島の噴火の影響で夏は特に少なかったですね。新幹線が開通してからは関西方面からお越しになる方が多かったのですが、最近は九州各地から来られる方が多いように思われます。

Q.地震後、実際に「鹿児島」を訪れた方の反応はいかがでしたか?

「行くのをためらったけど実際に来てみたら大丈夫だった」とおっしゃってくださる方が多いですね。ですので、その方たちに地元に戻られたら「大丈夫だったと伝えてくださいね」とお話ししています。どちらかと言うと復興していないことがメディアにも取り上げられがちですので、こんなに元気なんですよということを伝える必要もあると思います。

Q.参加者との印象的なエピソードはありますか?

2011年の話です。福島出身の方にご予約を頂いていたのですが、お越しになる2~3日前に東日本大震災が起き、キャンセルとなってしまったんです。福島といえば、薩摩藩と戊辰戦争で対立した会津藩。どんな風にご案内しようかとずっと考えていたので残念で…。そこで、「お越しになれなくて残念です。福島の復興に向け応援しています。」と絵ハガキを送ったところ、後日改めてお越し下さって。それはそれは嬉しい出来事でした。実際にお会いして薩摩のことをどう思っているかお尋ねしたら「昔のことですよ」と笑ってくださいました。本当に忘れられない出会いになりました。

かごしまボランティアガイド

Q.このページをご覧になっている方へメッセージを

九州は一丸となって早期の復興を目指しています。大変な時期ですが、だからこそ今の九州を見ていただきたいという思いもあります。鹿児島にお越しの際は、ぜひかごしまボランティアガイドをご用命ください。ここでしか聞けないお話をいろいろさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。おじゃったもんせー。

※おじゃったもんせー:鹿児島弁で「いらっしゃいませ」

鹿児島 かごしまボランティアガイド

鹿児島市城山町2番30号 二之丸ビル1階
TEL : 099-208-4701
FAX : 099-208-4703
http://kagoshima-machiaruki.jp/

TOP